房総STYLE BLOG

ログハウス組立19

夏は涼しく冬は暖かい快適なログ空間を実現させたかったので
2重構造とした通気層の間に遮熱シートを更に引き詰め、空気の
逃げ道を設けることとし野地板に穴をあけとくことで軒先の鼻隠し
内側から空気を取り込みこの穴に空気が上がり屋根の軒先からその
空気が放出される仕組みです。。。理屈通りにいくと良いのですが。。
因みに、遮熱シートとは、消防隊員が着るあの銀色のアレで、偉い
高かった。。。NASAの宇宙ロケット等にも使われているそうです。
DSC_2108

DSC_2110 (1)

DSC_2084

 

ログハウス組立18

屋根のルーフィングも何とか張り終えたのでテント泊です・・・
因みに台風でルーフィングの一部がすっ飛んでしまったため
簡易的なルーフィング(黒色部分)を張っておきました。
ブログだけではお伝えしきれない量の苦労があるんです((+_+))
DSC_2119 (1)

 

足元にうごめくモノ・・・(~_~;)

DSC_2118 (1)

1530974774394

ログハウス組立17

2階は間仕切り無しにしようと思いましたが
一か所だけ設けることにしました。
DSC_2095

そして一番悩まされたのが電気配線・・・
丸太に穴をあけ通さないとダメな部分もありカナリ苦戦・・・
火事になってもいけないので慎重になり、2階~1階の各部
へ通すのに丸3日程かかりました・・・
DSC_2052

階段のSWは三路配線なので、ホームセンターのお手本をメモに・・・
DSC_2089 (1)

ログハウス組立16

山間坂を下るとこんな感じで見えてきます・・・
DSC_2036

ログハウス組立15

妻壁の骨組み作成・・・
DSC_2073

DSC_2071

DSC_2076

骨組みしたら窓枠もカポっとはめ込みます・・・
DSC_2072

DSC_2077

ログハウス組立14

垂木が終わった次に野地板張りです・・・
DSC_2066

通気層を設けた2重構造です・・・なので2倍の手間がかかります。
アスファルトルーフィングも2重です・・・
DSC_2068

DSC_2065

DSC_2048

ログハウス組立13

毎回、外部足場から2階に上がるか大型脚立でしたが、安全
かつ無駄な動きを少しでも減らすため丸太階段を一旦、設置
することにしました。最初から設置しとけばよかったです・・・
DSC_2027

フローリングはログの風合いを損ねず色々悩みましたが
最終的に無垢のナラ材に決めました。まだ先ですけどね~
1530974781639

 

ログハウス組立12

ユニックがある内にデッキの丸太手すりも仮設置・・・
この後、丸太テーブル&椅子も仮設置・・・
なんせ重いんでユニック車がある内にフル活用・・・
DSC_1985

追加で野地板&上げれるモノはある内に上げときま・・・
DSC_2033

 

ログハウス組立11

垂木や野地板その他部材をユニックで2階のとどく所まで上げておきます。
先ずは、垂木の取り付け・・・
DSC_1983

DSC_1984

DSC_1986

DSC_1987

垂木が終わった所々を先行で野地板の取り付けも・・・そのあとアスファルトルーフィン張り。
1528524584272

DSC_2028

DSC_2025

DSC_2026

DSC_1993

DSC_2019

DSC_2021

DSC_2022

DSC_2030

 

ログハウス組立10

垂木の取り付けでサクラの木が当たってしまうので撤去します。
近所の友人地に移植することで一安心( `ー´)ノ
DSC_1990

DSC_1982 (1)

DSC_1995